★花粉症対策・予防★
たった1週間で症状が消える!お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!

花粉症関連ニュース

花粉情報は速い方が良い。

ウェザーニューズは、花粉シーズンのピークに備え、地域ごとの
花粉飛散量と対策情報を携帯電話にメールで配信するサービス
「花粉対策メール」を始めました。

月額315円の有料会員制サービスの一部として提供するそうです。

同社が全国500カ所に設置した計測機で毎朝、各地域の花粉飛散数を調べ、その日の3時間ごとの花粉量の予報を1通のメールにまとめて
配信するようです。

同時に「マスク」「くすり」といった必要な対策についても通知してくれるようです。

どの地域の予報を受け取るか、花粉量に応じてどのような対策をとるかなどは、あなたが設定できます。

これに加え利用者の指定した地域で、1日の花粉飛散が設定した量を超えた場合に「臨時花粉対策メール」を配信する。

外出先などで緊急の花粉対策をする際に役立ちますねわーい(嬉しい顔)


サービスの登録は、同社の携帯電話向けWebサイトにある

「花粉プロジェクト2009」で、可能です。

携帯電話のGPS機能や手動で地域を設定、花粉症の症状や対策方法などの質問に答え、メールの希望受信時間などを入力する。

■問い合わせ先

ウェザーニューズのWebサイト http://weathernews.com/jp/c/
タグ:花粉 情報 携帯

花粉症関連ニュース

花粉前線は昨年より1週間程早め!

環境省はこのほど、「平成21年春の花粉総飛散量等の予測(確定版)」を発表した。

同発表よると、今年春のスギ花粉の飛散開始時期は前年より1週間程度早くなるという。


平成21年スギ花粉前線予測 環境省Webサイトより

平成21年春の花粉の総飛散量は前年と比べて、東北および関東東部でほぼ半分もしくは前年並み、関東西部は1.5倍程度、

甲信、北陸および東海では前年並みか一部の地域では2倍程度に増える見込みだ。

一方、近畿および中国、四国では2〜3倍に増加する見込みのほか、九州ではほぼ前年並みか一部の地域で3倍を超える見込みだという。

また、例年との比較では、全国的に例年並みかやや多くなる見込みとのこと。


また気象庁の季節予報では、今年1月下旬の気温は東海以西で平年よりやや低めで関東以北は高め、2月上旬から中旬の気温は全国的にほぼ平年並みかやや高く推移すると予想している。

このため、今年のスギ花粉の飛散開始日は前年と比べて1週間程度早くなると見られている。

また、例年と比べると東北および北陸の飛散開始日は例年並みか例年よりやや早く、関東以西はほぼ例年並みとなるとしている。

なお、環境省では花粉症に係る現時点での最新の科学的知見や関連情報をWebサイト「花粉症環境保健マニュアル2009」にて公開している。

わたしの住んでいる東海地方では2倍!聞いただけで鼻がムズムズしてきました^−^
タグ:健康 花粉症

花粉症関連ニュース

シダックス、グループ内の全国店舗・施設で花粉症対策メニュー・レシピを提供開始

シダックスおよびそのグループ子会社は、順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院耳鼻咽喉科の横井秀格准教授の監修を受け、

グループ内全国約1200の店舗・施設で、2月2日から花粉症のアレルギー症状の緩和が期待できる食材を使用した料理120種類の提供を順次開始する。

シダックスでは、全人口の15%(厚生労働省HP)を超え、「社会問題」となりつつある

「花粉によるアレルギー性鼻炎(花粉症)」への食からの取り組みとして、2007年から「花粉症対策メニュー・レシピ」の提供・販売を行ってきた。

今年は、花粉症の発症や症状を和らげる効果が期待される食材の中から、主に近年日本人の消費量が減少傾向にある「魚」と「野菜」

(農林水産省HP)に着目して、メニューを考案。全国のレストランカラオケ304店舗で4種類、

関東・関西圏のスペシャリティー・レストラン14店舗で9種類、および全国の社員食堂などの給食受託店舗・施設約900ヵ所で107種類のメニューを販売するという。

 
また、花粉症対策メニューを販売する店舗・施設内で「花粉症対策アドバイス」のポスター掲示やちらし配布を行うほか、同社ホームページや携帯サイトでも食事の面からサポートするための様々な情報を提供していく。

なお、グループ内研究開発機関である「シダックス総合研究所」は、今年度も引き続き、日本最大級の天気・気象情報サイト「tenki.jp」内花粉情報ページに花粉症対策メニューの作り方を提供する。

この“マザーフード・レシピ”は、2月19日から公開し、花粉症シーズン終了まで週1回更新するとのこと。

BYGoogle ニュース

花粉症関連ニュース

醤油由来のSPSサプリメント

ヒガシマル醤油は、醤油由来のSPSサプリメント「四季爽快(しきそうかい)」を、1月5日からリニューアル発売する。

2004年の発売以来、多くの人々から好評を得ているという「四季爽快(しきそうかい)」、リピーターも増え定期購入者も増加しているとのこと。

今回、有効成分であるSPSを従来品に比べ20%増量、さらに、ヨーグルト味のタブレットタイプにリニューアルし、消費者も摂取しやすくなったという。

価格は据え置きの1575円(税込)となっている。

また、日本気象協会の発表によると、今年春のスギおよびヒノキ花粉の総飛散数は南関東以西では例年に比べ多くなると予想されているという。

「SPS」(shoyu polysaccharides)とは、醤油に含まれる天然成分で「しょうゆ多糖類」のこと。

ヒガシマル醤油は、厳密な二重盲検法(医師も患者も試験食品あるいはプラセボ(擬似食品)のどちらを摂取しているのかわからないように

実施する方法)による臨床試験で、SPSにアレルギー症状を軽減させる機能および体質改善効果があることを明らかにしている。

このSPSには、スギ・ヒノキなどの花粉症や、ダニ・ほこりなどの通年性アレルギー抑制に効果があり、さらに鉄吸収促進効果があることも解明しているという。

SPSは、醤油生まれの天然素材だから、体にもやさしくて安心とのこと。

同社では、醤油から食塩分をほとんど含まないSPSを抽出し、食べやすいサプリメントとして製品化したという。SPSは天然素材なので、眠くなるなどの副作用もなく、安心して摂取できるという。

byGoogle ニュース

花粉症関連ニュース

ビフィズス菌 と花粉症の関係

ヨーグルト業界2位の森永乳業が発売以来29年間こだわり続けているのが、乳酸菌の一種であるビフィズス菌のBB536。

酸や酸素に強く、生きたまま腸に届きやすいのが特徴で、

「体内免疫バランスの改善や、花粉症の症状の軽減、アレルギー抑制に効果が見込める」
(竹立宏志デザート・ヨーグルトマーケティング部長)という。

同社は、プレーンタイプのヨーグルト「ビヒダス」に
このビフィズス菌を使っている。

ビフィダス、アシドフィラス菌ブリガリカス菌をバランス配合ダイエットと健康維持にPB8 乳酸菌 ...




 このほか、最大手の明治乳業は1973年、整腸作用が強いとされる定番のブルガリア菌とサーモフィラス菌を組み合わせたLB81を採用した「明治ブルガリアヨーグルト」を発売。

明治乳業明治アクアブルガリアブリックLL250mlX24入


今年9月にはすっきり味の新タイプも投入する。

花粉症関連ニュース

夕張のお年寄りはツクシ長者 1人で150キロ採取も

じいちゃ、ばっちゃの力をなめんなよ――。

財政破綻(はたん)で人口減少が続く北海道夕張市で、お年寄りたちがツクシを集めて意外な収入を上げるのに成功した。

企業誘致はままならず、就職口もめったに見つからない状況が続く同市だが、花粉症に効くアメの原料としてツクシの需要が急増し、
お年寄りたちの小遣いかせぎになった。

 「近くにツクシ生えてます?」。夕張市シルバー人材センターに謎の電話がかかってきたのは、4月も末のことだった。

 続きを読む

花粉症関連ニュース

今年は花粉が辛かった? 2007年の花粉シーズンの傾向

ウェザーニュースは、2007年の花粉シーズンの傾向をまとめた。今シーズンの花粉飛散量は例年並から少なめに推移。

特に3月中旬は全国的に気温が例年より低かったためか、飛散する花粉量はさらに少量に留まった。

一方、今シーズンの花粉症を「辛かった」と答えた人は6割に上り、7割が「軽かった」と答えた昨年に比べ症状が重かったという。

今回の発表は2月1日から4月30日までの間の情報を分析してまとめたもの。

調査は、全国から募集した花粉症家族100組(首都圏23組、各都道府県1〜3組)の家庭に花粉家自動観測機を設置して花粉飛散量を計測したり、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの花粉症症状について1日1回レポートした結果などをまとめた。

続きを読む

花粉症関連ニュース

沖縄には花粉症が無い?

団塊世代を中心に沖縄への移住ブームが高まる中で、入居者を55歳以上に限定した高級タイプの大型リゾートコミュニティーが2013
年、沖縄本島に誕生する。

沖縄電力が74・2%出資するカヌチャコミュニティ(沖縄県那覇市)が名護市で開発を進める「カヌチャリブリオ」で、高級イメージをアピールし、

金融資産が3000万円以上の富裕層を取り込もうと、首都圏の営業拠点「東京サロン」を帝国ホテルタワー(東京都千代田区)に開設した。

≪リゾートの一角≫

 沖縄移住ブームは2001年ごろから本格化し、沖縄の年間転入者数は2万5000人を超え、全国有数の人口増加率を誇る。今後も団塊の世代を中心にブームは続くとみられている。

 「カヌチャリブリオ」は、名護市の東海岸に位置し、滞在型ホテルやゴルフ場を併設するカヌチャリゾートの一角に設ける。地名にリ(RE=「再び」の意味)とブリオ(BRIO=イタリア語で「元気」の意味)付け加えた。

 総投資額は約150億円。開発予定面積は約12万平方メートル。14階建てのマンションを中心に、沖縄の原風景を想起させる赤瓦の低層棟を配置する。総戸数は510。

各戸の面積は65〜120平方メートルだ。

 売り物はぜいたくなサービス。コンシェルジュが日常生活をサポートするほか、看護師による24時間緊急対応などのヘルスケアサービスも導入する。

また、地元の大学とも連携。大学で学び、時には講師として教壇に立ち世代を超えた幅広いコミュニティーを構築する。

 ≪今夏本格営業へ≫

 会員権方式で販売し、会員価格など詳細を詰め、今夏から本格的に営業展開する。

 ここ数年、退職後に海外のリゾート地に移住する人が増えているが、高額医療の問題などがネックとなり日本で第2の人生を望む人も少なくない。

カヌチャコミュニティ「東京サロン」の富永直樹セールス&マーケティング部リーダーは「アクティブなシニア層のニーズが高いはず。

沖縄は花粉症がないこともあり、秋から春にかけてこのリゾートで暮らすパターンが多いのでは」とみている。

by「FujiSankei Business i」

http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200705150047a.nwc

花粉症関連ニュース

青汁で花粉症の症状改善効果

健康食品メーカーのファンケルがこの度、自社が販売している青汁の原料であるケールから、花粉症などのアレルギー性疾患に有効な成分「フラボノール配糖体」を特定したことを発表した。

ファンケルによると、すでに同社は花粉症緩和の有効成分としてケールから「糖脂質」を特定していたという。

今回発見した「フラボノール配糖体」とあわせ、有効成分を複合的に含むケール青汁を飲むことで、花粉症の症状改善効果が期待されるという。

ちなみにケールとは、南ヨーロッパ原産のキャベツやブロッコリーの原種で、緑黄色野菜の中でも特にビタミンやミネラルなどの必須栄養素をバランスよく含み、抗酸化活性も高く、様々な機能性成分を含んでいる。

このケール抽出エキスを免疫細胞に添加することによって、
細胞から産生されるアレルギー症状を引き起こすIL−4量が、
減少するのだそうだ。

シャディ ファンケル青汁粉末(ケール) ツイントース配合 徳用3箱(90本)【良品生活 春夏号】

花粉症関連ニュース

近づく花粉症の季節

北海道の春はなかなかやって来ない、そんな季節感があるわけですけども、ちょっとこちらを紹介します。
そうなんです。

花粉症の季節は確実にやって来ています。

札幌の円山公園。森の中にはまだ雪も残っていますが、すでに花粉を飛ばし始めている木があるんです。
(岡嶋記者)

「こちらにありました。川べりに何本かあるんですけども、上を見ると花のような芽が沢山ついています」
枝先にびっしりとついた芽。

これが、北海道でいち早く、花粉症を引き起こす原因となっているのです。

北海道の花粉症と言えば、シラカバ花粉が主な原因ですが、今はまだ芽はまだ固く閉じたまま。では、白樺より1か月以上も早く花粉を飛ばす、 この木の正体は。白樺より1か月以上早く、花粉を飛ばし始める木とは・・・?

花粉症に詳しい札幌医科大学耳鼻咽喉科の白崎英明先生に、
聞いて見ると・・・。

(札幌医大耳鼻咽喉科・白崎英明医師)「それはハンノキですね。

シラカバとハンノキは同じカバノキ科で花粉の大きさ・構造がとてもよく似ています。

そのためシラカバ花粉症の人はハンノキ花粉にも症状を
起こします」

ハンノキは北海道の山林にはごく普通に見られる広葉樹。毎年、まだ寒い3月下旬には、花粉を飛ばし始めます。
(札幌医大耳鼻咽喉科・白崎英明医師)

「シラカバ花粉の患者がきょうも何人か来ていたが、すでにハンノキによる症状が起きてる患者が半分くらいいた。

症状に応じて効果のある薬が違うので症状がひどくならない内に早めに耳鼻咽喉頭科で受診するのがいいと思います」

もう始まっている北海道の花粉症シーズン。

薬局にも、花粉症用の医薬品やグッズが並んでいました。
すでに花粉症シーズン本番の本州で売れているモノを聞いて
見ると・・・。

(ツルハドラック・小鹿周一さん)
「この三次元マスクです。特徴は(マスクを)つけた後にあごの部分をしっかりつけて、鼻の部分にワイヤーが入っているので押えて密着性を高める(ことができる)」

従来の立体型マスクより、さらに密着性を高くして、花粉を吸い込まないように工夫したマスクが人気だそうです。

さらに、鼻の中についた花粉を洗い流す「鼻うがい」はもはや定番商品。

花粉症用に配合した目の洗浄剤もこの季節はよく売れるそうです。

毎年、シラカバの花粉症に悩む人は、もう今から、対策を
取る方がよさそうですよ。
by「STVニュース」http://www.stv.ne.jp/news/item/20070416191339/

花粉症関連ニュース

スギ花粉入り食品にご注意!!!

花粉症の人は、スギ花粉入りの食品に気をつけて――。

厚生労働省は、スギ花粉症の人が口にすると、重いアレルギー症状を起こす心配がある健康食品が出回っているとして、注意喚起に乗り出すことになった。

 きっかけは、今年2月、和歌山県内の40代女性がスギ花粉のカプセルを飲み、意識不明になる事故が起きたことから。

続きを読む

花粉症関連ニュース

花粉症緩和米?

◆花粉症緩和米 異常なし 

農業生物資源研究所の動物実験結果


動物を使って花粉症緩和米の安全性評価試験を行っている
農業生物資源研究所は、
「動物実験で異常は確認されなかった」と発表した。

花粉症緩和米は、ヒトの抗体が、スギ花粉をアレルギー症状の
原因物質(抗原)であると認識するために必要な部分

(スギぺプチド)を遺伝子組み換え技術で米の中に
作り出したもの。

摂取を続けることによって、ヒトの体を徐々に抗原に慣らし、
最終的にアレルギーが起こりにくい体質に変える。

同研究所ではマウスやサルなどを使って、

遺伝毒性試験▽長期毒性試験▽生殖・発生毒性試験▽抗体産生性確認試験−で安全性評価試験を実施した。

試験項目は、医薬品の安全性確保に関する前臨床試験の評価項目を参考にするとともに、共同研究者の慈恵医大と
東大医科学研究所の医師の意見などを踏まえて決定した。

続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。