★花粉症対策・予防★
たった1週間で症状が消える!お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!

花粉症とお茶の関係

「紅ふうき」とは

「紅ほまれ」は非常に歴史の古いお茶で、日本で紅茶を
製造していた頃の改良品種です。

その「紅ほまれ」と中国系の「ダージリン」を交配し、
紅茶用として作られた品種が
「紅ふうき(べにふうき)」です。

1993年に農業技術研究所機構 野菜茶業研究所が
育成したもので、最近になってこの紅ふうきには、

渋味成分であるカテキンのうち、花粉に有効な
メチル化カテキン
が他の品種より多めに含まれている
事が発表され、非常に注目されているお茶です。

このメチル化カテキンは、発酵させると無くなって
しまいますので、紅ふうき(べにふうき)は
紅茶品種ですが、緑茶に製造します。

昨年の春に”花粉に有効”とテレビ番組で紹介され、
お茶処静岡でもめったに手に入らない状態の

「紅ふうき、紅ほまれ」ですが、苗木の生長や
作付けの拡大により以前に比べると生産量は

増えているのですが、まだまだ多くの方々に
提供できるまでの数量には程遠いのが現状です。

メチル化カテキンが花粉に有効?

人体には外部から入ってくる病原菌などを排除してくれる
「免疫」という機能があります。

大変重要ですぐれた機能ですが、時として
過剰に反応してしまうことがあります。

これがアレルギーです。

アレルギー疾患にかかると「lge抗体」が生まれ、
「ヒスタミン」という物質を放出します。

これがつら〜い鼻水やくしゃみの原因です。
アレルギー疾患に好影響があると言われている

メチル化カテキンは、
「ヒスタミン」の元である「lge抗体」そのものに
影響してくれるのです。

数少ない限られたお茶にしか含まれておらず、
飲むとすぐに違いを実感できるのも
メチル化カテキンの大きな特徴です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。