★花粉症対策・予防★
たった1週間で症状が消える!お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!

花粉症関連ニュース

夕張のお年寄りはツクシ長者 1人で150キロ採取も

じいちゃ、ばっちゃの力をなめんなよ――。

財政破綻(はたん)で人口減少が続く北海道夕張市で、お年寄りたちがツクシを集めて意外な収入を上げるのに成功した。

企業誘致はままならず、就職口もめったに見つからない状況が続く同市だが、花粉症に効くアメの原料としてツクシの需要が急増し、
お年寄りたちの小遣いかせぎになった。

 「近くにツクシ生えてます?」。夕張市シルバー人材センターに謎の電話がかかってきたのは、4月も末のことだった。

 
「そりゃあ山にいっぱい生えとるけど……」。電話を受けた有馬真一・業務主任(59)が不審そうに答えると、相手は

「つくし飴(あめ)」を作っている徳島県三好市の健康食品会社「桜」で「ツクシを1キロ550円で買う」という。

 薬用植物に詳しい藤本康雄・日大文理学部教授の研究でツクシから抽出したエキスに抗アレルギー物質があることが分かり、日大は三好市内の製薬会社とエキス入りのアメを共同開発。

販売・製造を「桜」が引き継いだところ、売れ行き好調で原料不足。東北地方まで探したが、ほぼ取りつくし、夕張に目をつけた。


会員約300人、90歳代2人を含む平均年齢72歳のセンターでは、連休中にポスターを準備し、事務経費を引いて「キロ500円でツクシ買います」と会員に呼びかけた。

 5月8日から始まった集荷では、24日の締めまでに約60人が2865キロのツクシを持ち込み、総額157万円余りの売り上げとなった。

1人で150キロを集めて7万5000円をかせいだ元炭鉱労働者の明谷忠光さん(72)は「いい小遣い稼ぎになった。
来年はもっと取ってやる」と話していた。
by「asahi.com」
http://www.asahi.com/life/update/0704/TKY200707040322.html
           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47024235
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。