★花粉症対策・予防★
たった1週間で症状が消える!お金のかからない、花粉症・喘息の根本的治療法!!

花粉症目薬

花粉症の目薬

◆花粉症用の目薬を選ぶコツ

花粉の季節がやってまいりました。
この季節、目のかゆみや涙、充血に悩まされている方も
多いのではないでしょうか?

ドラッグストアなどの店頭には花粉症用の目薬が店頭に
並んでいるのですが、沢山の種類の中からどの製品を
選んだらよいのか悩むという声をよく耳にします。

今回は、花粉症のための目薬選びのポイントをいくつか
ご紹介します。


その目のかゆみ、本当に花粉によるアレルギー症状ですか?

目がかゆくてたまらない!

でも、

それは本当に花粉症の症状でしょうか?
花粉症用の目薬を気軽に購入する前に、ちょっと
チェック項目をごらんください。

 ■花粉症用の目薬を買う前の症状チェック■

・片方の目だけ、かゆみなどの症状がある場合

・目はかゆみなどの症状があるが、くしゃみ・鼻水
 鼻づまりなどの鼻の症状はない場合。

・目がかすんだりして、ものが見えにくいなど視力に
 影響がある場合。


これらのアレルギー症状は、ハウスダスト、はやり目や
ドライアイでも同じ症状がでることがあります。

また、異物やコンタクトレンズが原因の場合もあるのです。

もし症状チェックに当てはまる項目があるときは、花粉症の
症状でない場合がありますので、まず医師の診断を
うけてください。


◆花粉症で目の症状に効く成分

花粉症で目のアレルギー症状がでるのを抑える成分には
いくつか種類があります。

=クロモグリク酸ナトリウム=

目の諸症状でお悩みの方ために、アレルギー反応を抑制する
クロモグリク酸ナトリウムは、アレルギー症状をひきおこす

誘発物質(ヒスタミン等)の放出を抑えることで、目のかゆみ
充血などを緩和する抗アレルギー作用があります。

この成分を含む、藤沢薬品工業の目薬
『エージーアイズ AG EYES』。




=マレイン酸クロルフェニラミン=

いま目がかゆくて不快な人のために、もうすでに起こって
しまった症状を緩和するマレイン酸クロルフェニラミンは、

アレルギー症状をひきおこす誘発物質の働きを抑え、
目の炎症・かゆみを緩和する抗ヒスタミン作用があります。

=グリチルリチン酸二カリウム=

グリチルリチン酸二カリウムは、抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、目の炎症をしずめます。

この成分を含む、ロート製薬の目薬
『ロート点眼薬アルガードa』。
CU20040216e.gif

=塩酸テトラヒドロゾリン=

塩酸テトラヒドロゾリンは、目の赤みを抑えたい人のために、
白目の部分(結膜)の充血を抑える働きのある成分、
塩酸テトラヒドロゾリンがあります。

次のページでは、クールなさし心地の目薬、
コンタクトレンズユーザーの目薬使用について
みてみましょう。◆クールなさし心地 VS やさしいさし心地、
どっちを選んだ方がよい?

クールなさし心地を訴求している目薬は、清涼感のある
刺激で目のかゆみなどをマスキングしてくれます。

このタイプの目薬は、どちらかといえば花粉症の症状の
軽い方や初期症状の方におすすめです。

しかし、炎症などがある方、粘膜の弱い方は、あまり
クール感を訴求していない、比較的やさしい心地の目薬を
おすすめします。

クールなさし心地、藤沢薬品工業の
『エージーアイズクール AG EYES COOL』




◆コンタクトレンズユーザーは目薬を使ってもよい?

一般的に、花粉症用の目薬を使うときは、コンタクトを
はずしてから目薬を点眼し、5〜10分後に再装着して
ください。

また一部の製品は、コンタクト装着のまま点眼できるものが
あります。
例えば、ロート製薬の『ロート点眼薬アルガードa』は、
ハードコンタクトレンズ、O2レンズを装着したままでも
点眼できます。

CU20040216e.gif

<ご注意>
・医薬品は「使用上の注意」をよくお読みになり、正しくお使いください。
・花粉症の症状のある方は、まず医師・薬剤師にご相談ください。

by「All About」
           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37734435
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック
花粉症は、何故なるの?
はい♪こんばんは \(^o\) 先日いらした(/o^)/お客様が、マスクをしてたので「風邪ですか!?」と、お聴きすると「花粉症みたいですヨー!?」という返事・・・・。 今年は記録的な暖冬だった..
ブログ名院長ブログ
2007-04-05 20:32


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。